EBMは知っているかどうかじゃない.実践しているかどうかである.

Evidence_Based_Medicine その他・日々雑感
Evidence_Based_Medicine

pharmasahiroです.
天気が不安定になってきましたね.
あいにくの梅雨,とはいえ恵の雨.
雨という事実一つとっても,状況によって感謝されたり忌避されたり.
人間勝手なもんですね.

5年前から開始したEBMの学びと実践

臨床疑問を立て,論文を探して,
その論文をサクッと吟味して,論文情報をどう現場に適用しようか考えて,
自分のとった行動を後から振り返って…と,

つまりEBMのそれぞれのステップに沿って行動がだいぶ身に染みてきたと感じております.

やっぱり,
EBMというのは,
(その言葉や,論文の読み方などを含めて)
知っているかどうかじゃあなくて,
実践できているのかどうか,
つまり行動できているのかどうかで自己評価をするもんだなと思うんです.

まずはやってみようよ,EBM

何を持ってEBMの実践をしているのか,
と言う質問を受けることがあるんですが,

あまり難しく捉えないほうがいいと思うんです.
EBMのそれぞれのステップに沿って,
愚直に自分で行動すればいいんです.

そりゃあ最初のうちは躓くし時間はかかるとは思いますが,
自転車の乗り方のように,
そのうち各ステップが自然と,意識せずにできるようになります.
絶対に.

何を隠そう,EBMについては本当にど素人だった私でも,いきなりJJCLIPを始められたんですから,
そんなに高尚なことでもないと断言できます.
(注意:逆説自虐的ですがこういう個人の意見こそ鵜呑みにしちゃダメですよー,なんちゃって)

EBMを「知っている」→だからどうした?

「EBMなんて言葉,知ってるし.でも無理でしょー」
なんて,頭でわかったつもりになって,
全く行動しない人も中には残念ながら居るようですが,
そんな人の戯言は全部無視してしまいましょう.

まとめ

繰り返します.
何度でも繰り返します.

EBMの実践とは,

問いを立てて,
もっとも妥当な情報を見つけて吟味して,
自分のみたてを持って現場に適用させ,
その判断を後から振り返る.

たったこれだけです.
これだけを実践するだけでもう立派なEBMerです.

難しく考えずに,
小さな,けれども大事な一歩を歩み続けて行きましょう.

今日はここまで.
それでは▽