JJCLIP_#62 薬のせいで認知症になるって本当なのでしょうか?

JJCLIP_62 JJCLIP

平成30年度第8回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成30年11月11日(日)
■午後20時45分〜 仮配信
■午後21時00分〜 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

ツイキャス配信こちらから.
司会進行は精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページよりご連絡いただけると幸いです.

症例53:薬のせいで認知症になるって本当なのでしょうか?

【仮想症例シナリオ】

あなたは, とある街の薬局の薬局長さんです.

朝晩がひんやり.涼しさと寒さが同居する季節となりました.少し早めにOTCの棚配置を変更しようかなぁとぼんやり考えていたら,

とある女性が相談にやってきました.

いつぞやはお世話になりました.あれからお薬とも病気ともそれなりにいい感じに付き合っているんですが,つい先日また不安になるニュースというか週刊誌の記事があって相談にきました.以前のように調べて,また教えていただけませんか?」

[患者背景]
JJCLIP_#35 で相談を受けた患者さん

・処方箋調剤から日用品の買い物まで,よく来局される69歳女性
・過活動膀胱で7年前から治療継続
・運動は2年前と比べてややサボり気味で体重は3kgほど増加
・過活動膀胱もやや増悪してしまっている

[薬剤情報]
ソリフェナシン 5mg
ミラベグロン 25mg6ヶ月前から追加)
プロメタジン1.35%等配合非ピリン系感冒剤
注意:2年前と比較して処方頻度は減ったがやはり数ヶ月毎に処方あり

[不安の元となる情報]
患者さんが持参された週刊誌の情報によると,今年に入って新しい論文が発表されて,やはり薬の副作用で認知症発症リスクが高くなるとの記載あり.

 

あなたは,この週刊誌にある「論文情報」の内容を確かめるべく,すぐに当該論文をダウンロードしてその場で早速読んでみることにしました.

【論文タイトルと出典】

Anticholinergic drugs and risk of dementia: case-control study.
Richardson K, Fox C, Maidment I, et al.
BMJ. 2018;361:k1315.
PMID: 29695481

PDFはこちらよりダウンロード可能です.

【使用するワークシート】

観察研究の論文を10分で読むポイント
ワークシートのPDFデータはこちらからダウンロード可能です.

観察研究の論文を10分で読むポイント

観察研究の論文を10分で読むポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回に引き続いて観察研究の論文を取り扱います.

今回は症例対照研究.前回とコホート研究との違いや,その情報の取り扱いかた,現場への適用も含めて活発なディスカッションができればと思っております.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ

いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

[補足:JJCLIPってなに?]

薬剤師のジャーナルクラブ
(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは,
薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.
現在は@89089314先生, @syuichiao89先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.