JJCLIP_#55 乳幼児がプロバイオティクスを摂取すると病気になりにくいのでしょうか?

pharmasahiroです.
本日はJJCLIPの告知でございます.

平成30年度第1回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成30415日(日曜日)
午後2045分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

ツイキャス配信はこちらからhttp://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら,薬剤師のジャーナルクラブFacebookページよりご連絡いただけると幸いです.

[症例48:乳幼児がプロバイオティクスを摂取すると病気になりにくいのでしょうか?]

【仮装症例シナリオ】

あなたは,とある街の薬局の管理薬剤師さんです.

ここは小児科の処方箋をよく受け付ける保険薬局,一般用医薬品やお子さん向けの服薬支援グッズも多数取り揃えております.

先週より新人の薬剤師さんも研修で来ており,嬉し忙しの毎日です.

ある時,業務終了間近に,その新人さんから次のような相談を受けました.

「生後半年のお子さんのいるお母さんからの質問にうまく答えられなかったんです.なんでも,
“どうもこの子は離乳食を始めてからすぐに熱を出したり,下痢したり,愚図ったりで…
旦那はなかなか仕事が休めないので,いつも私が病院へ連れて行くんですが,ちょっと疲れて来ちゃって…何か栄養が足りないのかしら…先生,どう思います?”

って.
なんだかすごく悩んでいる様子で,それが私も心配なんです.

それで,ネットで調べたら,どうも乳幼児用のプロバイオティクスが良いって言うんです.

この商品をこの店でも置いてみませんか?これでお母さんも喜ぶと思うんです!」

お母さんとお子さんのことを真摯に考える,そんな若く情熱に溢れた新人薬剤師さんの様子を微笑ましく感じたあなた.

あなたは,「それなら,ちゃんとその情報がどこまで妥当なのかチェックしてみよう」と一呼吸置いて,乳幼児のプロバイオティクス摂取が,本当に健康維持増進に寄与するのか確かめるべく,いつものように文献を検索してみると,ちょうど疑問に合致する論文を見つけることができたので,その場で新人さんと一緒に読んでみることにしました.

【論文タイトルと出典】

Probiotics and Child Care Absence Due to Infections: A Randomized Controlled Trial.
Laursen RP, Larnkjær A, Ritz C, Hauger H, Michaelsen KF, Mølgaard C.
Pediatrics. 2017;140(2)
PMID: 28674113

PDFはこちらよりダウンロード可能です.

【使用するワークシート】

ランダム化比較試験を10分で吟味するポイント

http://j.mp/jjclipsheet1

@syuichiao先生作成

 

新年度一発目のネット抄読会でございます.
4月になってみなさまいかがお過ごしでしょうか.

新しい環境に身を置く方,新しい事業にチャレンジする方,
また新しい出会いがある方…etc

今年度も,我らJJCLIPは臨床疑問を基に論文情報をいかに現場に適用してゆくのか,

その「愉しさ」を伝えるべく活動を継続してゆきます.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ

いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.

皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは,ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

[補足:JJCLIPってなに?]

薬剤師のジャーナルクラブ
(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは,
薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.
現在は@89089314先生, @syuichiao89先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.