3年ぶりに日本在宅薬学会学術大会に出席しました

日本在宅薬学会学術大会看板 勉強会・研修会
日本在宅薬学会学術大会看板

pharmasahiroです.

お久しぶりの更新です.
7/15(日)16(月祝)の二日間に日本在宅薬学会学術大会に出席しておりました.
3年ぶり.ご無沙汰.

学会で何を見てきたのか?

いろいろ話を聞いて回ったのですが,

・他職種連携
・処方提案
・患者アウトカムの改善
・論文化を視野に入れた業務の見直し…などなど.

普段自分がJJCLIPおよびAHEADMAPの活動で自分が話していることを,各自まさしく地で行なっている人たちが集まっているなぁという印象でした.

最後にこの学会に顔を出したのは2015年の千葉・幕張メッセでしたが,
その時よりも着実に進歩しているなぁと感じております.

症例に対してデータを元に処方提案をしているところはちょっと感動してしまいした.

以前から熱い学会だなとは理解しているものの,自分が最後に出席した時と比較してさらにパワーアップしています.

自分の勉強不足を痛感

それと恥ずかしい話ではありますが,発表された先生方の内容が,
自分にはさっぱり理解できないところが多々ありました.
特に漢方薬.
もうさっぱりです.
悔しさが吹っ飛んで清々しくなるくらいにさっぱりわからない.

勉強不足というか,
そもそもここ一年くらいほとんどまともに勉強できていないツケが,
有無を言わさず回ってきております.
うーん,反省.
本当に反省.

まだまだ伸び代がたくさんあると思って,
前向きに捉えてまた学びをやり直したいと思った次第でした.

在宅以外の領域でのシンポジウム・発表も

在宅薬学会とは銘打ってはいますが,
もちろん外来調剤での薬剤師の先生方の取り組みの発表が増えているようにも感じております.

医院・病院や介護施設,訪問看護ステーション,介護事業所との連携でkeyになるのは,
それぞれが同じ場所と時間を共有して行う勉強会・研修会で,
その実現の為に薬剤師会を活用する

というところもなるほどと思いました.

これはすぐに自分の所属先でも提案できそうです.

最近はJJCLIPやAHEADMAPという,つまり自分の所属する組織の外での活動ばかり行なってきてしまいました.
でもやはり仕事の基本は勤務先です.
外でいくら偉そうに話をしていても,
自社で行動・実践できていなければ話の説得力は皆無でしょう.
みなさま,本当に自分のところで懸命に目の前の患者さんのアウトカム改善に尽力していらっしゃります.

自分の医療者としての魂にまた火が点いた感覚を覚えました.

今日はここまで.
それでは▽