論文の抄録を可視化する!〜エビデンスを見つけたらVisual Abstractを作ろう〜

pharmasahiroです.

ようやく当ブログの外観を調整しました.
以前よりも多少なりとも見栄えが綺麗になっていると良いのですが…

さてみなさま,自分が読んだ論文の内容をどうやってまとめていらっしゃいますでしょうか?
それぞれのやり方はあると思いますが,
(例えば私は前回記事のように,サクッとまとめるならEvernoteを活用しております)

文字でまとめるだけじゃなくて,
絵なり図なりを使って「可視化」するといいんじゃね?!
というノリで生まれたアイディアがあるそうです.
(失礼な言い方ですみません)

その名も
「Visual Abstract」

読んで字の如く,
「可視化した抄録」を作成して自分が読んだ論文情報をまとめるということです.

それは一体どんなものなのでしょう.
論より証拠,こちらをご覧ください.

スライド上部には「背景や研究の意義」などを表記し
スライド中央には「図や絵など」を多用して結果を表記し
スライド下部には論文のCitationと作成した団体のロゴを入れる

これだけで随分と論文の言わんとしていることが視覚的に理解できるため,
自分の備忘録だけでなく,
他者との共有も容易になるのでは,なんて愚考しております.

実際,
Visual Abstractを作成すると,文字だけと比較して
論文を参照する頻度が2.7倍になるそうです.
As scientists take to Twitter, study shows power of ‘visual abstract’ graphics

論文を探して読んで,
その結果を理解してまとめるに当たって,
こういうやり方もあるんだなぁと感心しました.

これは自分も早速やってみようと思います.

今日はここまで.
それでは▽