服薬指導なんてやめてしまえばいい?

pharmasahiroです.

薬剤師の主要な業務(と現在考えられている)服薬指導.
毎日モヤモヤしております.

ふと思うんです.

薬を飲むと言うことが前提になっていないか,
病気は治療しないといけないことが前提になっていないか,と.

例えばです,
患者さんとの対話の中で,
「もうこの薬は飲まなくてもいいんじゃないか?」
「患者さんが希望していないのに服薬を強要していないか?」
と思ってしまったら,自分たちはどう行動すれば良いのでしょうか.

卑近ですが身近の話をします.
昔,とある薬歴を見たときに,
患者が飲みたくないと言っているにも関わらず,薬剤師の見解が「でもこちらとしては医師の指示通り飲んでとしか言えません」の一点張りの服薬指導だったんです.

…これではダメでしょう.
薬歴にそう言う旨を見つけてしまった時はそれはもう残念な気持ちになりましたし,患者さんも「あーこの薬剤師に相談しなきゃよかった」などと受け止められてしまったのやもしれません(おそらく多分そんな気がします…)

振り返って,
服薬指導とはなんなのでしょうか.

薬を飲ませることが前提となっている対話のどこに意味があるのでしょうか?
そもそも指導なんて上から目線すぎて悪い印象しか自分にはありません.

ここから先は法的な根拠もヘッタクレもない私見を言います.

服薬指導なんてよくわからないことなんてさっさとやめて,
患者の納得や理解を促す対話をしてはいかがでしょうか.

もちろん患者さんが納得されたり,自分の病状や治療の目的などの理解を促すよう,日々奮闘されている薬剤師の先生方も,数多くいらっしゃると(根拠なく)信じております(訂正:おそらく私がフォローさせていただいている薬剤師の先生方はみなそう言う猛者だと信じております).

ただ,何度でも言います.
薬を飲んでもらうことだけに重きを置き過ぎるような”指導”なら,
悪いことは言いません.
早くやめてみてはいかがでしょうか.

今日はここまで.
それでは▽