トライアスロン,また出たい

pharmashairoです.

今日は完全に雑感を.
ちょびっとだけ.

ひょんなご縁があって,トライアスロンに出場したことがあるんですよね, 私.
(と言っても2012年の6月にとあるレースに一回だけ出ただけですよ. なんとか完走はできましたがその後数日はまぁ身体中が筋肉痛で悶絶しながら仕事してましたあはは…)

注意:トライアスロンとは, 水泳 → 自転車 → ランニングの三種からなる総合(?)競技です. 念のため.

もともと競泳選手であったこともあってか,
それほど出場すること自体には抵抗がほとんどなかったのですが,
水泳以外のところの準備, 特に自転車やウェットスーツの用意がまぁなかなかに面倒でしたね.

まず自転車(ロードバイク)の購入.
初心者向けからガチんこの出場者レベルのものまで,
本当に自転車のパーツの質はピンからキリまでまさにきりがない…
5万円くらいで買えるものから,
自分の今の自動車よりも値段が高いものもあったりと…

運よく遠い知人から安価に譲ってもらえた自分は幸運だとお天道様に感謝.
(あとで判明したのですが, 実際に新品で購入すると自分が払った金額の三倍の値がつく自転車でした. 恐ろしい…)

あとウェットスーツ(”ス”ウェットじゃないですよ).
季節によっては水温が20℃を下回ることもあってか,
スーツがないと長距離の遠泳はほぼ不可能でしょう.
これもまたそこそこ痛い出費で, 社会人になりたての自分としては非常に悩みましたが,
「男に二言はない」として思い切って買いました.
そして実際に着てみると, これがまた陸地では動きにくいこと動きにくいこと…
プールの中でしか泳がない競泳と違い.
慣れるまで数回ジムのプールで練習が必要でしたね.

ただ, 海での遠泳では常に下ではなく前を向いて泳がざるをえないのですが,
このスーツの動きにくさが逆にそう言った泳ぎをアシストしてくれました.
同じ「泳ぐこと」でも競技種目によって求められるものが違うのかな, なんて愚考しております.
(あくまで私見です. スーツの正しい意味などありましたらご指摘ください)

ちなみに, レースでの勝敗(と言うか順位)は
最初の水泳開始でのポジションが大事と言うエビデンスもあるようです.

Swim Positioning and its Influence on Triathlon Outcome.
Landers GJ, Blanksby BA, Ackland TR, Monson R.
Int J Exerc Sci. 2008;1(3):96-105.
PMID: 27182300

あれからもう6年.
すっかりレースからは遠のいてしまっておりましたが,
衰えた体を鍛え直し,
またあの時のような闘志を取り戻すべく,
再度チャレンジしようと思っております.
(ロードバイクの修理もしました)

まずは, ランニングとサイクリングの再開, からかな.
頑張ります.

今日はここまで.
それでは▽