EBMの実践はカッコいい〜JJCLP配信後記〜

pharmashiroです.

昨夜21:00より, いつものJJCLIPにて5/19に開催した当法人の総会・WSの報告をさせていただきました.
(その模様はこちらより無料で視聴することができます)

私個人が思ったことや, 非常に印象に残ったこと・名言を備忘録として残して起きますね.

・服薬アドヒアランスは薬剤師だけでなく, 他の医療職向けに開催したらどんな反応や対応方法が出るのか気になる(→やってみたい)
・エビデンスを並べて吟味しても, 最後に出てくるのは”感情”
・事実判断と価値判断は別物で混同しないように(AIが得意なのは事実判断, そのあとどう行動するかは価値判断が重要)
・「〜というエビデンスがある」から「〜すべき」という結論を導くことはできない(ヒュームの法則)
・医療は価値交換の場である

そして, 当法人の今後に期待することとして,
・全国制覇を目指すべく, 来年の次回総会は関西で開催???(ここは理事会で検討させていただきます)
・エビデンスを探して読んで行動することに関するワークショップをもっと開催して欲しい(アンケート結果抜粋)
・上記に付随して, 論文の管理方法についてのワークショップもやって欲しい
・EBM仲間を見つけて社内外で抄読会をやるコツを教えて欲しい

(→例えば, 2018年会報誌春号にその応えの一つがあります. ぜひご参照を)

…などなど

ふとしたきっかけで始まったJJCLIPですが,
こんなにもたくさんの仲間に出会え, ご意見をいただけることに心より御礼申し上げます.

EBMの実践は,
一筋縄では行かないかもしれないけれど,

それでも,
その道のり(プロセス)はとても愉しいもので,

何より自分がより「カッコいい医療者」「カッコいい一般市民」
になれるものなんじゃないかなと愚考しております.
(もちろんカッコいいだけじゃいけませんよ)

まだEBMに慣れ親しんでいない方も,
少しの勇気と大きな期待を込めて,
私どもの活動にご参加いただければ幸いでございます.

今日はここまで.
それでは▽