コーヒーを飲んでいるとがんになりやすいの?

pharmashairoです.

先週,こんなニュースを見かけました.

コーヒーに発がん性の警告表示、スタバなどに義務付け米加州
(発信地:ロサンゼルス/米国)

コーヒーもタバコのように発ガンの危険があるのではないか,その表示をしなければならないという,アメリカらしい顛末といえばそうなのですが,では果たしてコーヒーの消費とがんの発症リスクにどれくらい相関があるのか,現時点でわかることをここに綴っておきます.

Googleにて「coffee cancer risk pmc」で検索

【見つけた論文】
Coffee and cancer risk: A meta-analysis of prospective observational studies.
Wang A, Wang S, Zhu C, et al.
Sci Rep. 2016;6:33711. PMID: 27665923
PDFはこちら

【論文要約】

P(どんな患者に) 明確な記述はなし(これは元論文をみるしかない?)
E(何をすると) コーヒーをたくさん消費する
C(何と比較して コーヒーをあまり消費しない
O(どうなる) 主要ながんの発症リスク

【批判的吟味】

アウトカムは明確か?
主要ながんは複数→やや不明確?

真のアウトカムか?
主要ながんの発症→真のアウトカムを扱っていると判断
(少なくとも腫瘍マーカーといった数値の変動は診てはいない)

メタ分析の4つのバイアス

各種バイアス 記載の有無
独立バイアス Two independent reviewers evaluated the eligibility of every study in a standardized manner. We resolved disagreements by consensus.
出版バイアス Tree major electronic databases (PubMed, EMBASE, and The Cochrane Library) were used to search the relevant literature without language restriction. ( 中略). Moreover, we reviewed the references from retrieved articles for additional studies (Fig. 1) . We evaluated publication bias using Begg’s27 and Egger’s28 tests, with obvious publication bias suspected when P < 0.10.
元論文バイアス The included studies had to be prospective cohort, case-cohort, or nested case control studies and had to contain the association between coffee intake and cancer incidence. Case control studies and cross-sectional studies were excluded
異質性バイアス We used the I2 value to evaluate if heterogeneity could be explained by study differences rather than by chance. I2-values of approximately 25%, 50%, and 75% indicate low, moderate and high heterogeneity.

【結果は何か】

アウトカム(英語,統合した研究数) RR (95%CI) I2統計量と異質性
消化器系
口腔咽頭がん(Oral, pharynx cancer,6) 0.69 (95% CI: 0.48–0.99) 73.4% high
食道がん(Esophageal cancer, 6) 0.86 (95% CI: 0.71–1.04) 0% no
胃がん(Stomach cancer,12) 1.15 (95% CI: 0.96–1.37) 49.2% medium
結腸直腸がん(Colorectal cancer,21) 0.96 (95% CI: 0.91–1.02) 23.6% low
膵臓がん(Pancreatic cancer,15) 1.02 (95% CI: 0.87–1.18) 16.2% low
肝臓がん(Liver cancer,9) 0.46 (95% CI: 0.37–0.57) 0% no
泌尿器系
腎がん(Renal cancer,5) 0.79 (95% CI: 0.54–1.15) 49.8% medium
膀胱がん(Bladder cancer,10) 1.12 (95% CI: 0.94–1.34) 39.6% medium
前立腺がん(Prostate cancer,14) 0.89 (95% CI: 0.84–0.93) 30.3% medium
婦人系
乳がん(Breast cancer,17) 0.99 (95% CI: 0.94–1.04) 0% no
卵巣がん(Ovarian cancer,9 1.04 (95% CI: 0.90–1.20) 23.7% low
子宮内膜がん(Endometrial cancer,12) 0.73 (95% CI: 0.67–0.80) 0% no
その他のがん
肺がん(Lung cancer,4) 2.18 (95% CI: 1.26–3.75) 63.3% high
黒色腫(Melanoma,6) 0.89 (95% CI: 0.80–0.99) 0% no
リンパ腫(Lymphoma,3) 1.23 (95% CI: 0.75–2.03 0% no

それぞれの結果の記載にほぼほぼ「Te results suggest no publication bias with P …」の記載あり.

【論文を読んだあとはどうする?】
ニュースの記事のわりにはそこまでがんの発症リスクは気にしなくてもいいのかなという印象です (あまり印象だけで判断してはいけませんよ).大のコーヒー好きとしてはホッとしております.

とはいえ,肺がんにのみリスク増…,これはコーヒーで肺がんになるというより,
コーヒーを飲んでいると喫煙もしやすいんじゃないか[1-3]という報告もあるため,コーヒーに含まれる物質ではなく,喫煙によって肺がんが増えているんじゃないか,なんて愚考しております.

まぁ,あまり健康や病気を気にしすぎて,香りや味を愉しめなくなっては元も子もないでしょう.

今日はここまで.
それでは▽

[参考]

  1. Swanson J. A., Lee J. W., Hopp J. W. Caffeine and nicotine: a review of their joint use and possible interactive effects in tobacco withdrawalAddict Behav 1994; 19: 229–256. [PubMed]
  2. Hewlett P., Smith A. Correlates of daily caffeine consumptionAppetite 2006; 46: 97–99. [PubMed]
  3. Freedman N. D., Park Y., Abnet C. C., Hollenbeck A. R., Sinha R. Association of coffee drinking with total and cause‐specific mortalityN Engl J Med 2012; 366: 1891–1904. [PubMed]