ハチミツで糖尿病予防?

pharmasahiroです.
前回はハチミツと心臓病,特にコレステロール値などに焦点を当てて論文を吟味してみました.

今回はそれと関連して,「ハチミツと糖尿病」について文字を綴ってみましょう.
さて,どんな論文に出会えることやら.

実は前回の論文を読んでいる途中に,こんな論文も見つけたのです.

Honey and Diabetes: The Importance of Natural Simple Sugars in Diet for Preventing and Treating Different Type of Diabetes.
Bobiş O, Dezmirean DS, Moise AR.
Oxid Med Cell Longev. 2018;2018:4757893.
PMID:29507651
http://europepmc.org/backend/ptpmcrender.fcgi?accid=PMC5817209&blobtype=pdf

結論から言うとハチミツは糖尿病の発症予防に寄与できる…かもしれない,とのことです.
また,おきまりのセリフですが,「今後は大規模かつヒトを対象にした長期間のランダム化比較試験の実施も必要だ」ともあります.

Answering the main question of the study, it is true that honey may be used as a potential antidiabetic agent that has the potential to reduce the complications of diabetes, long-term studies using honey as an alternative or a complementary therapy in human subjects suffering from type 2 diabetes mellitus are needed, with a larger number of patients, randomized clinical trials set up with different levels of diabetes, treated with different doses of honey, following both short-term and long-term treatment.

つまり,日常でよく使われるハチミツでも,疾病の予防や改善にどれくらい寄与できるかどうかは未だ不明である,と言うことなのでしょうか.

他にも,Googleで「honey cardiovascular mortality pmc」で検索したものの,ラットなどの動物実験の結果が検索上位に上がっており,自分のような臨床家が読むに値するものなのかと言うと,どうもそうでも無いように感じております.

今日はここまで.
それでは▽