喫煙で薬の効果はどれくらい帳消しされてしまうのでしょうか?

「薬飲んでればタバコ吸ってても大丈夫じゃん」

こんなことを言われて,もやもやしたことがある人は,自分以外にもいらっしゃるのやもしれません.
高血圧や糖尿病など,いわゆる生活習慣病の改善は,とりも直さず,文字通り生活習慣の見直しなくして達成は困難なはずです.

とはいえ,でははてさて,薬を飲んでいたとして,その効果は喫煙によってどれくらい帳消しになるのでしょうか?
改めて考えてみると,定量的な研究がそもそもあるのか気になってしまいました.

P: 生活習慣病と診断され治療を受けている人(高血圧,脂質異常症,糖尿病など)

E: 喫煙あり

C: 非喫煙もしくは禁煙

O: 死亡,心血管イベント発生がどれだけ変化するのか???

PubMedで「smoking status cardiovascular treatment influence」と検索.

しかし検索したところ,禁煙介入のための論文が多く,なかなか思うような報告がありませんでした.
それはある意味当然な話で,喫煙するかしないかでハードアウトカムの変化をみるのは,現在では倫理的にもはや許されないことなのやもしれません.

あっても観察研究かなぁと思っていたところ,古い報告ですがようやく発見できました.

【お題論文】
Hasdai D, Garratt KN, Grill DE, Lerman A, Holmes DR.
Effect of smoking status on the long-term outcome after successful percutaneous coronary revascularization.
N Engl J Med. 1997;336(11):755-61.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9052653

P: Patients who had undergone successful percutaneous coronary revascularization at the Mayo Clinic between 1979 and 1995
E1: persistent smoker
E2: former smoker
E3: quitter smoker
C: non-smoker
O: The end points of the study were death from any cause, Q-wave acute myocardial infarction or severe angina, and the need for coronary-artery bypass grafting or repeated percutaneous revascularization.
T: 後ろ向き観察研究(追跡期間:最大16年間)

喫煙に関する定義:
nonsmokers, defined as patients who had never smoked cigarettes regularly;
former smokers, those who had quit smoking at least six months before the index procedure;
quitters, those who permanently quit smoking immediately after the index procedure;
and persistent smokers, those who smoked before and after the index procedure.

調整した交絡因子:
Age, sex, severe angina, prior coronary bypass surgery, prior myocardial infarction, congestive heart failure, history of diabetes mellitus, history of hypertension, complete revascularization, multivessel coronary artery disease, the number of vessels dilated, family history of coronary artery disease, and unstable angina were the covariates used in the modeling process.

【結果は何か】

outcome non-smoker (n=2009) former smoker (n=2259) quitters (n=435) persistent smoker (n=734)
Death from any causes 1.0 1.34 (1.14–1.57) 1.21 (0.87–1.70) 1.76 (1.37–2.26)
Q-wave myocardial infarction 1.0 1.28 (0.77–2.16) 1.44 (0.64–3.11) 2.08 (1.16–3.72)
Severe angina 1.0 0.99 (0.90–1.09) 0.91 (0.76–1.08) 0.98 (0.86–1.12)
Repeated percutaneous procedure 1.0 0.93 (0.83–1.05) 0.80 (0.64–0.98) 0.67 (0.56–0.81)
Coronary bypass surgery 1.0 0.95 (0.81–1.11) 0.72 (0.54–0.95) 0.68 (0.54–0.86)

【結果を踏まえてどうする?】
この研究ではプライマリアウトカムが5つ設定されており,かつ交絡因子の調整前後での結果が逆転している,禁煙した時期と結果が一部逆転しているというところもありました.
よって,「PCI後で喫煙をしていると,死亡リスクが増える」とは明確には言えないんじゃないかという印象を私は抱いております.

喫煙そのものが心血管イベント発症のリスク因子であることは間違いないとて,
ではその喫煙が薬(今回はPCI術後でもありますが)の効果をも打ち消しうるのかというと,この論文からははっきり言えないのかもしれません.

とはいえ,副流煙や受動喫煙などの害も考えれば,やはり自分は禁煙を勧めるでしょう.

今日はここまで.
それでは▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です