外国語でお薬の情報が欲しいと言われたら?

患者さんやご家族から

「今度,(旅行や出張で)海外に行くから,空港で何か問われた時のためにお薬の情報を英語で用意して欲しい」

皆さんも,そのようなことを言われたことがおありかと思います.

さて,どうしましょう.

英文でお薬情報を自作できる人もいるとは思いますが(昔自分もそうしていました),忙しい毎日の中でそれをこなすのはかなり骨が折れることと思います.

万一誤った情報(特に訳語)を渡してしまった場合のフォローもできかねません.

そんな時におすすめなのが,「くすりのしおり」です.

くすりのしおり

このサイトでは日本語でのお薬情報だけでなく,なんと英語版での情報(効能,用法,適応疾患,お薬の製造元など)を検索,印刷することができます.

例えば,降圧利尿剤の「ナトリックス®️」の資料が欲しいなと思ったら,次のように検索をかけます.

すると,こんな検索結果が出てきます.

あとはこの「英語版あり」のところをタップ(or クリック)すれば英語でのお薬情報が手に入りますし,印刷して患者さんに手渡すこともできます.

これは自分もつい最近まで知りませんでした.
便利なものがあるんですね.

もっと言うと,電カルやレセコンにもこういった情報が検索できるようになれば,より一層便利になるんじゃないかなんて愚考しております.

自分の勤務先ではレセコン等はインターネットに繋がっておらず(はよ改善して欲しい…),いちいち自分のスマホで調べないといけないところが非常に煩わしいものです.

使えるものはなんでも使用する.業務の効率化のために.

今日はここまで.
それでは▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です