電子タバコは紙タバコと比較して安全なのでしょうか?

電子タバコが一部喫煙者の間でブームになっているようです.

とはいえ,本当にそれって安全なのでしょうか?既存の加熱式(?)タバコと比較してどこがどう違って,なにをどう注意すれば良いのでしょうか?

少し検索して見ると,医療者からの視点から次のような記事もあります.
「流行の電子タバコ、健康にいいのか?医師の視点」

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20160708-00059374/

一次情報はどうでしょう.
いつも通り,PubMedで検索をかけて見ると,こんな論文を見つけることができました.

Safety Assessment of Electronic Cigarettes and Their Relationship with Cardiovascular Disease.
Zhang G, Wang Z, Zhang K, et al.
Int J Environ Res Public Health. 2018;15(1)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29304018

レビューの論文であり定量的なリスク解析がなされていないのですが,次の文言は覚えておくべきでしょう.

・近年、電子タバコは、(中略) 伝統的なタバコの一般的な代替手段となっている.さらに、それは便利でファッショナブルだ.
・にもかかわらず、電子たばこの安全性に関するコメントは依然として議論の余地がある.
・電子タバコに関する研究は指数関数的に増加したが、その安全性の体系的な研究はない.
・現在の研究のほとんどは、短期およびin vitro研究からなることが判明した。
・ヒト,および長期の研究の報告は少ない.特に、揮発性有機化合物、タバコ特有のニトロソアミンおよび重金属などの有害成分の量は、従来のタバコより電子タバコの方が多い.
・よって,電子タバコの害は過小評価されるべきではない.

〜結論として、電子タバコが喫煙の安全な代替物であるかどうかの問題は、さらなる調査が必要である〜

やはりどんなデバイスだろうと,電子タバコが安全であると結論づけるのは早計なようです.
タバコと言うものは害はあるもので,禁煙することに越したことはないのでしょう.
(それが難しいと言われればそれまでなのですが)

今日はここまで.
それでは▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です