膝の痛みにサプリメントは本当に効果があるのでしょうか?

【薬局でのとある会話】

患者さん:「膝の痛みがなかなか治りきらないから, サプリメントを試してみようと思うのだけれどどう思います?」

わたくし:「サプリメントって, もしかしてコンドロイチンとかグルコサミンとかのことですかね?そうだなぁ…」

今日はこんな疑問について綴ってみます.

【臨床疑問の定式化】

浮かんだ疑問をEBM (Evidence Based Medicine: 科学的根拠に基づく医療) の手法に則って, PECOで定式化しましょう.

P:慢性的な膝関節痛に悩む患者さん

E:コンドロイチン・グルコサミンサプリメントを摂取

C:摂取なし

O:膝の痛みがなくなるのか?

【本日のお題論文】

Singh JA, Noorbaloochi S, Macdonald R, Maxwell LJ.
Chondroitin for osteoarthritis.
Cochrane Database Syst Rev. 2015;1:CD005614.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25629804

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD005614.pub2/epdf

【論文のPECO】

P: Adults (age > 18 years) with osteoarthritis of any joint.
18歳以上の変形性関節症患者(osteoarthritis)

E: oral chondroitin for treating osteoarthritis (4962人)

C: placebo or a comparator oral medication including, but not limited to, nonsteroidal anti-infammatory drugs (NSAIDs), analgesics, opioids, and glucosamine or other “herbal” medications. (4148人)

O:痛みスコアの軽減
Western Ontario McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC)
Numeric rating scale
Visual Analog Scale
(0-100mmの数値化スコア)

【批判的吟味】

[一次アウトカムは明確か?]
先のO: で示したアウトカム以外にあと6つ,計7つメジャーアウトカムとして設定しており,やや不明確と言う印象

[真のアウトカムか?]
痛みはQOLに直結:真のアウトカム

[メタ分析の4つのバイアスは?]
・評価者バイアス
Two review authors independently performed all title assessments, data extractions, and risk of bias assessments.

・出版バイアス
Figure 5.のfunnel plotは非対称で,本文中にもバイアスの存在を指摘している
A good indication of reporting bias or other biases related to small study size is observation of asymmetry in the funnel plot.

・元論文バイアス
All randomized or quasi-randomized clinical trials lasting longer than two weeks, studying adults with osteoarthritis in any joint, and
comparing chondroitin with placebo, an active control such as NSAIDs, or other “herbal” supplements such as glucosamine.

・異質性バイアス
Heterogeneity was moderate in both long-term and short-term studies, with T2 of 0.07 and I2 of 69% in the short-term and T2 of 0.12 and I2 of 83% in the long-term pain studies.
中等度から高度に異質性あり

【結果は?】
・6ヶ月未満の短期治療(800mg/日用量以上)
Mean Difference -10.14 (95% CI -14.58 to -5.71)
Absolute risk difference -10% (95% CI -15% to -6%)
Relative risk difference -36% (95% CI -52% to – 20%) NNTB = 5 (95% CI 3 to 8)
痛みスコアで10%減,統計的に有意でNNTは5.ただしエビデンスの質は低い

・6ヶ月以上の長期治療(800mg/日用量以上)
Mean Difference -9.01 (95% CI -17.68 to -0.34)
Absolute risk difference -9% (95% CI -18% to 0%)
Relative risk difference -30% (95% CI -60% to 0%)
NNTB = n/ a(計算不能?)

【結果を踏まえてどうする?】
コンドロイチンなんて効くんかい?なんて思っていましたが,コクランの結果だけ見ると有意に疼痛改善があるようです.
ただし,ここの研究の質は低く,かつ異質性も高い上に絶対的な数値改善の大きさも軽微で,まぁこんなもんかなと言う印象.

全く効果がないわけじゃないですが,ルーチンで万人にはおすすめできないです.
効果なサプリメントであろうと予想されますし,もしどうしても試したかったらOKする.ただし,半年使って効果が実感できなかったら中止を検討するのが妥当な使い方でしょうかね.

今日はこれにて.
それでは▽

【ボツ論文】

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28754801

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です